コンピュータを楽しもう!!

今、自分が面白くていろいろやってみたことを書き綴りたいと思います。連絡先はtarosa.yでgmail.comです。

mruby搭載ボードGR-CITRUSでRuby言語を使っみよう 1.初めてのRubyプログラム 1.3.新規Rubyプログラムの開始

 1.初めてのRubyプログラム
1.3.新規Rubyプログラムの開始
1.3.1.GR-CITRUSの接続準備

 VS-Codeの拡張機能Rubic(VS-Code Rubicと略します)を使って新規のプログラムを開始するには、フォルダを開くところから始まります。開いたフォルダ内にGR-CITRUSのプログラムに関するファイルが自動生成されます。
 フォルダを開いた後、VS-Code RubicはGR-CITRUS以外のボードに対応しているのでGR-CITRUS用のセットアップを行います。
 以下に簡単に新規Rubyプログラムの開始手順を書きます。後で順次説明します。

(1)フォルダを開きます。
(2)コマンドパレットを開きます。
(3)Rubicのボードカタログを開きます。
(4)ボードカタログ一覧が出ないときは、カタログを更新します。
(5)ボード一覧からGR-CITRUSを選びます。
(6)リポジトリを選びます。現在はwrbb-v2lib-firmのみです。
(7)リリースを選びます。最新を選べば良いです。
(8)バリエーションを選びます。GR-CITRUSでやりたい機能があるバリエーションを選べば良いです。

 ここまで設定してボード設定を保存すれば、GR-CITRUSの接続準備は終了します。

フォルダを開きます

 「ファイル→フォルダを開く」を選びます。

 新規の場合は新規にフォルダを作った方がいいかもしれません。このフォルダがGR-CITRUS用Rubyプログラムの開発用フォルダとなります。

カタログからGR-CITRUSを選ぶ

 次に、「表示→コマンドパレット」を選びます。この後GR-CITRUSボードを選択します。

 コマンド欄にrubicと入力します。そして、「Rubicのボードカタログを開く」を選択します。

 Rubicボードカタログが開きますが、何も表示されません。こういう時はボードカタログを更新します。

 「Rubicボードカタログ」タブの上にマウスを持って行って、マウスの右ボタンを押します。すると「カタログを更新する」というメニューが表示されるので選択します。

 選択するボードが表示され「カタログが更新されました」と画面上部にメッセージが表示されます。「閉じる」を押して閉じてください。VS-Code Rubicでは画面の上部にメッセージが出てきます。画面上部を気にしてみてください。また、注意として、2017/9/30現在、プロクシを超えたボードカタログの読み込みはできないようです。

 ボード未選択となっているので、「GR-CITRUS」を選びます。

GR-CITRUSで使用するファームを選ぶ

 次にリポジトリを選びます。GR-CITRUSの基本mrubyファームを公開しているGitHubリポジトリが増えてくれば、この選択肢が増えていきます。現在はWakayama.rbが公開しているwrbb-v2lib-firmのみしかリポジトリが無いので、選択肢が1つだけです。

 次に、リリースバージョンを選びます。過去に遡ってGR-CITRUSのmrubyファームを選択することができます。初めての場合は、最新にしておけば良いと思います。

バリエーションを選ぶ

 Rubyプログラムを行いたい内容に合わせてバリエーションを選びます。バリエーションとは、Rubyプログラム内で使いたいmrbgemや個別に用意されたクラスなどが、ユーザーが自由に選択できるようにいろいろなバリエーションを用意しています。
 初めての場合は「最小構成版」を選択しておけば良いと思います。

 画面上部に「ハードウェア構成が変更されました。保存しますか?」と表示されますので、「はい」を押してください。

 これでGR-CITRUSの接続準備は終了です。